2005年01月08日

エアームド対策

>炎拳急所は止めて欲しかったな

攻撃するなってことですか 


今日のログ
やっぱりリフレクター張られてもなんとか勝てるみたいです。

それと、そろそろ机上論を元に戦うのは止めて、あとは感覚的に慣れないと。


Lv.55カビゴン Lv.50パルシェンムウマゲンガーフーディン

で、あと一つの枠を何にしようか迷います。
最大の課題はエアームド突破。自分の使い方が悪い所為で、
鈍いエアームドが来たらほとんど負けてる気が。
それとひのえさん曰く、パルシェンはエアームドを受ける為に眠るが欲しいらしい。
でもリフレクターも撒き菱も使いたいし、技スペースが足りない…
削るなら仕様頻度から見て撒き菱かな。リフレクターは便利すぎて手放せない。
波乗りを外すと、エアームド封じが出来なくなって本末転倒。
ただ、やっぱりパルシェンでエアームドを受けにいく試合だと、撒き菱のジリ貧が物を言いそう。
パーティの性格としては速攻仕様ですが、パルシェン(エアームド受け)+カビゴンで、
たぶん長期戦も苦手じゃない。あとフォレトス倒すのに撒き菱は必要。

こうなるとやっぱり残り一つの枠はエアームド封じでしょうかね。
落ち着いて考えたら、このパーティエアームドを受けられない。
あとLv.55サンダーライコウに弱いので、その辺に簡単に止められても負ける。
この前まで入れてた電磁波サンダーだと、カビゴン+エアームド+ライコウかサンダーで完敗した記憶が。
リフレクター張るにしても、そこから真価を発揮するのはガラガラ。
今回はレベル的にもガラガラを入れ辛い。Wゴーストに拘らなければ入りそうですが、
ガラガラ入れると、ひのえさんのパーティと全く同じメンバーになりそうなので、
ここはWゴーストに執着したい(何)


そういえばひのえさんの公開したWゴーストって、確か残り三匹はライコウスイクンエアームドだった。
メタ的にスイクン→パルシェンと勝手に組みかえると、フーディン入れてる時点で防御負けしてるのかも。
でも前言ったようにこのフーディンは凄い使いやすくて気に入ってるんです。
カビゴン受け二匹+ライコウとかナッシーとかそのへんで固めてきた時も、面白い様に抜いていける。
それとバンギラス受けを放置しているので、バンギラスに麻痺入れるのもかなり重要な仕事。
脳内候補はたぶん晴れファイヤーあたり。


エアームド対策でこんなに悩むのって地震カビゴンだけかも。
posted by 憂舟 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 対策・シミュレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。